Home » doshiyoumonai ikari wo dounika suru hon: ikari wa naze tabuu ka doshiyoumonaiikariwodounikasuruhon by Iijima Yoshiro
doshiyoumonai ikari wo dounika suru hon: ikari wa naze tabuu ka doshiyoumonaiikariwodounikasuruhon Iijima Yoshiro

doshiyoumonai ikari wo dounika suru hon: ikari wa naze tabuu ka doshiyoumonaiikariwodounikasuruhon

Iijima Yoshiro

Published
ISBN :
Kindle Edition
20 pages
Enter the sum

 About the Book 

シリーズ第二巻怒りほど付き合いにくい感情はないでしょう.強くて激しい感情ですから,表現して楽になりたいのだけれども,表現する場所がない.よっぽど親しい人でなければ,自分が怒っていることを打ち明けることすらはばかられるでしょう.どうして怒りとはこれほどまでに扱いが難しい感情なのかを探っていく過程で,怒りという感情の本質が見えてきます.処しがたい怒りという感情への理解を深める本です.心療内科医・臨床心理士である筆者が贈るブログ仕立ての読み切り電子書籍.Moreシリーズ第二巻 怒りほど付き合いにくい感情はないでしょう.強くて激しい感情ですから,表現して楽になりたいのだけれども,表現する場所がない.よっぽど親しい人でなければ,自分が怒っていることを打ち明けることすらはばかられるでしょう. どうして怒りとはこれほどまでに扱いが難しい感情なのかを探っていく過程で,怒りという感情の本質が見えてきます.処しがたい怒りという感情への理解を深める本です. 心療内科医・臨床心理士である筆者が贈るブログ仕立ての読み切り電子書籍. どこからお読みいただいてもテーマに沿った示唆を提示できるようになっています.一つ読めば,一つ分,二つ読めば二つ分,三つ読めば…と,徐々に「怒り」という感情に対する理解が深まるようにできています. そして,最終的に全ての巻を読み終えたころには,読者の皆さんの「どうしようもない」怒りを「どうにかできる」ようになるスキルが自然に身についているはずです. 電子書籍ならではのサクサク読める「短編読みきり」の軽快さを楽しんでください!目次シリーズの説明はじめに第二巻のテーマ怒りとは怒りはなぜ「タブ