Home » Superstring Theory by TANAKA Kyuzo
Superstring Theory TANAKA Kyuzo

Superstring Theory

TANAKA Kyuzo

Published November 16th 2013
ISBN :
Kindle Edition
51 pages
Enter the sum

 About the Book 

多摩の大学生、襄(のぼる)は、三年から四年へ上がれず留年する。つきあっている同じ大学の彼女とも別れ、大学を中退してヒモになろうと決心する。襄が飲食店でバイトを始めると三十過ぎの子持ちバツイチ女性客、康子に気に入られる。康子は寺の娘で、康子の兄が住職を継ぐのを嫌がっているので、襄が康子と結婚して住職になれば、寺を相続することができて、死ぬまで金に困らず安泰に暮らせるという。そこで襄は仏教系大学に編入学するため試験勉強を始める。冒頭部分抜粋----多摩とは、なかなか広いものである。More多摩の大学生、襄(のぼる)は、三年から四年へ上がれず留年する。つきあっている同じ大学の彼女とも別れ、大学を中退してヒモになろうと決心する。襄が飲食店でバイトを始めると三十過ぎの子持ちバツイチ女性客、康子に気に入られる。康子は寺の娘で、康子の兄が住職を継ぐのを嫌がっているので、襄が康子と結婚して住職になれば、寺を相続することができて、死ぬまで金に困らず安泰に暮らせるという。そこで襄は仏教系大学に編入学するため試験勉強を始める。冒頭部分抜粋---- 多摩とは、なかなか広いものである。 東京湾から多摩川をさかのぼり、羽田、川崎を過ぎ、二子玉や溝の口の辺りまでくると、景色からして明らかにすでに多摩である。 しかし、普通に多摩というのは、八王子や府中、その対岸の、多摩ニュータウン辺りを言うのだろう。 もっと奥までいけば奥多摩だ。高尾だ青梅だというのが、いわゆる奥多摩だ。俺が通っている大学は、開けた多摩と、奥多摩の、ちょうど中間くらいにある。東京とは思えないような、とても山深い、ものすごい田舎な景色の広がるところもある。俺はこの辺りを、勝手に「ナカタマ」と呼んでいる。 ここらへ無理