Home » fukuou hyaku yowa (fukuzawa yukichi chosaku shu) by Fukuzawa Yukichi
fukuou hyaku yowa (fukuzawa yukichi chosaku shu) Fukuzawa Yukichi

fukuou hyaku yowa (fukuzawa yukichi chosaku shu)

Fukuzawa Yukichi

Published August 15th 2013
ISBN :
Kindle Edition
47 pages
Enter the sum

 About the Book 

『福翁百話』の続編。同じく随筆。1897年(明治30年)から1900年(明治33年)にかけて時事新報に掲載された記事を集めたもの。1901年(明治34年)4月25日に単行本が発売された。常葉書房「福沢諭吉著作集」第九弾。著者紹介福沢諭吉1835年~1901年。慶應義塾を創設した近代日本最大の啓蒙思想家。教育者、著述家、洋学者。目次人生の独立 (一)博識は雅俗共に博識なるべし (二)独立は独り財産のみに依るべからず (三)金と自身と孰れか大事 (四)独立の根気 (五)独立者の用心 (六)More『福翁百話』の続編。同じく随筆。1897年(明治30年)から1900年(明治33年)にかけて時事新報に掲載された記事を集めたもの。1901年(明治34年)4月25日に単行本が発売された。常葉書房「福沢諭吉著作集」第九弾。著者紹介福沢諭吉1835年~1901年。慶應義塾を創設した近代日本最大の啓蒙思想家。教育者、著述家、洋学者。目次人生の独立 (一)博識は雅俗共に博識なるべし (二)独立は独り財産のみに依るべからず (三)金と自身と孰れか大事 (四)独立の根気 (五)独立者の用心 (六)文明の家庭は親友の集合なり (七)智徳の独立 (八)独立の忠 (九)独立の孝 (十)立 国 (十一)思想の中庸 (十二)人に交るの法易からず (十三)名 誉 (十四)禍福の発動機 (十五)貧書生の苦界 (十六)物理学 (十七)貧富苦楽の巡環 (十八)大節に臨んでは親子夫婦も会釈に及ばず (十九)解説(平山洋)